「ムダ時間」を捨て、「スキ時間」で強迫観念をツブす!

強迫性障害
The following two tabs change content below.
アバター
3年間強迫性障害と闘い、薬無し・病院無しで改善・克服しました。 この自分の体験を武器に、克服できたノウハウを紹介しています。 強迫性障害だけではなく、精神病全般に役立ちますので、是非ご覧ください^^

あごひじきのあごです。

今回私は主に強迫性障害のことをテーマとしたブログをはじめました。
その理由は、少しでもこの障害の難しさ、大変さを知ってもらい、同じ悩みを持つあなたの助けになりたいと思ったからです。

文章を書くことはあまり得意ではありませんが、随時更新していきますので、よろしくお願いします。

無駄なことを考えるのに時間を使うのはやめなさい

私は強迫性障害になってから、気にしてもどうしようもない小さいことや、悩んだって仕方のないことばかりに頭の中を支配されていました。
自分の考えや、決断に自信が全く持てなかったのです。

ですが自分の強迫性障害が完治した今、この無駄なことを考えるのに時間を費やすことほど馬鹿らしいことはないとハッキリと言えます。

なぜなら私には、3年間強迫性障害と闘ってきて症状を改善・克服できたというノウハウがあるからです。

強迫性障害の症状がピークにひどい時に、私がこんな記事を見つけていたとしても

「私にとったらどうでもいい考えじゃないんだよ!」

「自分でも無駄なことなのわかってるし!」

と、きっと怒っていると思います( ´∀` )

改めて言いますが、気にしてもどうしようもない小さなことや、悩んだって仕方のないことに時間と労力を使い、自分を疲れさせていてはなんの得もありません。
少しでも改善できるように行動するのみです。

無駄なことを考える時間をなくすにはどうしたらいいの??

強迫性障害に支配されてしまうようになると、自分の気持ちとは反対に嫌な考えに脳が侵されてしまいます。

そして暇な時間を作れば作るほど強迫性障害という寄生虫に脳が乗っ取られていくことがわかったのです。

無駄なことを考える時間を無くすには、暇な時間を無くすのです。
私の経験上、忙しい時間を作ることによって考える時間を無くせば、この寄生虫を追い払うことができます。

じゃあ具体的に何をしたらいいのかというと、、

自分の好きなこと・集中できることを見つけよう!!

このタイトルを見ても

「嫌な考えに支配されているときは何もする気になれないって!」
「自分の好きなことって思いつかないよ」

と、感じると思います。

実際に私はそうでした。

好きなことっていわれても何も思い浮かばず、自分には何があるんだろうって悩んだりもしました。

ですが、強迫性障害という脳に住みつく寄生虫を追い払うことができるのなら…と考えてみると意外と出てきました。

 結論をいえばなんでもいいのです!! 

自分が小学生の時、中学校の時、高校生の時何かに夢中になったりはしていませんでしたか?
好きな芸能人や、好きなテレビ番組、好きなスポーツ、好きな歌、休日の観光スポット巡り食べ歩きなど…
考えるといろいろ出てくるはずです。

私の場合は中学生の時に合唱部に入っていたこともあり、歌を歌うことや音楽全般が好きです。
なので、強迫観念という寄生虫に脳が支配されそうになった時はスマホで曲を流し、歌を歌ったりして音楽を楽しみながら気を紛らわしています。
それに、強迫性障害になってから本を読むことが楽しみになりました。
自分の短所や、気になるところに対する対処法を本で学ぶと心がとっても軽くなれることが分かったのです。
本が苦手な人でもこの機会に読んでみてはいかがでしょうか?新しい自分を見つけることが、成長できるチャンスになるかもしれません。

 

普段なかなか時間が取れない人は、どこか遠くにお出かけするのはなかなか難しいかもしれません。
そういう人でも、近場の銭湯に出かけたり、気晴らしに近くをドライブするだけでも気持ちがだいぶ変わると思います。

大事なのは、嫌な考えに脳が支配される時間を少しでも無くすことなのです。
最初は違う行動をすることによって脳が抵抗するかもしれません。

その脳の抵抗に逆らうことができずおとなしく今までどおり言うことを聞いてしまえば、今の地獄みたいな生活はずっと続きます。

ですが、しっかりと脳の抵抗に逆らい自分の時間を楽しむことができれば、強迫観念に駆られる時間も少なくなり、その結果強迫行為を行うこともなくなります。

私が強迫性障害になり、たくさん読んできた本の中で一番のお勧めの本があるのでそれを載せておきます。
この本は、薬に頼らず自分の考え・行動で強迫性障害を治していこうという本でかなりお勧めの一冊です。
細かいことが気になりすぎる、一つの考えに捕らわれる、自分でもどうしようもないくらい不安でたまらなくなる…
こんな症状に悩んでる方や、過食症、依存症の方にも是非読んでいただきたいです。

新装版 不安でたまらない人たちへ やっかいで病的な癖を治す [ ジェフリー・M・シュウォーツ ]

価格:2,160円
(2019/7/3 20:19時点)
感想(0件)

まとめ

この記事を見ている方は少なくとも今の自分に悩んでいて、現状を変えたいと思っているはずです。
自分が変わらなければ現状を変えることなんて出来ません。

暇な時間を無くし、無駄なことを考える時間を減らすことにより症状を改善していくことが克服への第一歩です。
脳に住みつくハリガネムシのような寄生虫を自分の意志で消し去ることが重要です。

強迫観念に駆られていると自覚できた時は、すぐさま体を動かし別の行動をするように心がけましょう。

最初は変わろうとするあなたに対して、抵抗して邪魔をしてくる寄生虫ですが、この行動を習慣化すれば気持ちは楽になり、確実に症状は改善するでしょう。

是非、無駄な時間を捨てて自分のための有意義な時間を作ってみてください。

あごひじきのあごでした。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ ストレス性疾患へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
良ければポチッと押してください_(._.)_

The following two tabs change content below.
アバター
3年間強迫性障害と闘い、薬無し・病院無しで改善・克服しました。 この自分の体験を武器に、克服できたノウハウを紹介しています。 強迫性障害だけではなく、精神病全般に役立ちますので、是非ご覧ください^^
タイトルとURLをコピーしました