強迫性障害のときに私を救ってくれた本~オススメ本の紹介part1~

強迫性障害
The following two tabs change content below.
アバター
3年間強迫性障害と闘い、薬無し・病院無しで改善・克服しました。 この自分の体験を武器に、克服できたノウハウを紹介しています。 強迫性障害だけではなく、精神病全般に役立ちますので、是非ご覧ください^^

あごです。
私は今まで本が大嫌いでした。
文字を読んでいるだけで頭の中がいっぱいいっぱいになってしまうからです。
小学校の読書の時間も、わかりやすい簡単な本しか読んできませんでした。

そんな私がいまでは本を普通に読めるようになりました。
そして、大嫌いだった本がいまでは大好きになりました。

私が本を読めるようになったきっかけは、強迫性障害になったことです。
強迫性障害になり、旦那から本を読むことを勧められ、症状を改善したいために色々な本を読むことにしたのです。
本は、私にたくさんの勇気や希望を与えてくれました。
改善策が載っている本にも出会えたりと、本を読むようになって良かったと心から思いました。

今回は、私が強迫性障害のころに読んだ本の中でオススメな本を紹介します。
気になった本がありましたら是非読んでみてください^^

~強迫性障害のときに私を救ってくれた本~

新装版 不安でたまらない人たちへ やっかいで病的な癖を治す

新装版 不安でたまらない人たちへ: やっかいで病的な癖を治す

新品価格
¥2,200から
(2020/5/13 12:55時点)

この本は、強迫性障害で主に確認行為を持っていた私の心をとても楽にしてくれました。
どんな本なのかは…薬無しで強迫性障害を改善・克服するための4つのステップ
で詳しく紹介しています。

本の中で説明されている「四段階方式」がとても重要になっていて、この4つのステップを踏み、改善していこうというものです。

この本を読んだおかげで、強迫性障害のことをしっかり理解することができました。
読む前よりも、この障害と向き合うことができるようになったのです。

本が苦手…

という方にも、是非読んでほしい一冊です。

以前私は文字を読むと頭が痛くなるほどの本嫌いでしたが、この本はすらすら読めました。
自分が悩んでいることの改善策・対策法が記されているからです。

本の中で紹介されている行動療法はとてもわかりやすいです。
強迫性障害だった時、何の希望も持てていなかった私の支えとなってくれた一冊です。

強迫性障害には人それぞれ様々な症状があります。
この本に書かれている改善策や対策法が、すべての症状に役立つかどうかは保証できません。
けれど、確認行為・加害恐怖を持っていた私にはとても役に立ちました。

強迫性障害になると毎日がとても苦しくなります。
悩むようにもなり、ストレスも抱えるようになります。
終わりの見えない日々と闘いながら、強迫性障害と向き合い、今を乗り越えようと突き進んでいるあなたに是非読んでいただきたいです。

きっと明日はいい日になる

きっと明日はいい日になる

新品価格
¥1,375から
(2020/5/13 12:58時点)

私は強迫性障害の頃、この本のタイトルを見てとても心惹かれました。

明日も今日のように苦しむんだ…

毎日良いことなんてない…

このような気持ちで毎日過ごしていた私に希望を与えてくれたのです。
とっさに手に取り、少し読んだだけですぐに気に入りました。
やわらかい言葉で書かれていて、まるで自分に語り掛けてくれているかのようです。
私は夢中になって読み進めていきました。

特に私が好きな言葉を紹介します。

すぐに行動できる8か条

自分にできない理由ばかり探すのをやめなさい
わからないのは仕方がないからできることから始めなさい
明日やればいいと先延ばしするのをやめなさい
一度やめたらクセになるから少しでもいいから続けなさい
気分が乗らないときこそ考えすぎずに飛び込みなさい
どんな人でも失敗するから恐れずにやりなさい
自分が思う以上にできるから限界を作るのをやめなさい
結果が出ないことがあっても自分の可能性を信じなさい
無理だと決めるのは他人ではなく自分だから今すぐ動きなさい

田口久人
きっと明日はいい日になる
株式会社PHP研究所 出版、2018年、p50~51

この言葉は強迫性障害の頃、何も行動できずに過ごしていた私の心にとても響きました。
心を突き動かされたのです。
何度も繰り返し読んで心に刻み、自分を信じて前に進もうと思えるようになりました。

このようにこの本には、自然と前向きになれる言葉がたくさん書かれています。
文章も読みやすくなっていて、読んでいて疲れることもありません。
いまのあなたにピッタリな言葉もきっと見つかると思います。
上記で紹介した以外にも、自分にピッタリな言葉を私は見つけることができました。

壁にぶつかったとき、不安に襲われたとき、悩んでいるときにはいまでもこの本を読み返して元気をもらっているほどです。

今回は、この2冊を紹介しました。
私は強迫性障害の頃、この2冊を読んで心が本当に救われました。
気持ちに余裕ができ、強迫性障害の自分を認めてあげれるようになりました。

オススメな本はまだあるので、また更新していきます^^

あなたも是非、読んでみてください。

The following two tabs change content below.
アバター
3年間強迫性障害と闘い、薬無し・病院無しで改善・克服しました。 この自分の体験を武器に、克服できたノウハウを紹介しています。 強迫性障害だけではなく、精神病全般に役立ちますので、是非ご覧ください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました